世界最大級!「山倉水上メガソーラー発電所」が完成 千葉県

閲覧数:86 view

世界最大級!「山倉水上メガソーラー発電所」が完成 千葉県

2018年03月13日 16時00分

世界最大級の水上発電設備が誕生

千葉県は、3月9日、「京セラTCLソーラー合同会社」が、県水道局が管理する山倉ダムに、水上の発電設備としては世界最大級の「山倉水上メガソーラー発電所」を竣工したことを発表した。

なお、「京セラTCLソーラー合同会社」は、東京センチュリーならびに、京セラとの共同出資により設立。太陽光発電による売電事業を展開中だ。

「山倉水上メガソーラー」の概要

「山倉水上メガソーラー」は、千葉県市原市山倉地先の敷地約18ヘクタールに、太陽光パネル数5万904枚を設置し建設。フロート式の太陽光パネルによる遮光で、ダム内の水質の改善が期待されている。

なお、最大発電量は約1万3,700kW。年間予想発電量は、一般家庭約4,970世帯分の年間電力消費量に相当する合計約16,170,000kWhを見込む。

竣工式を実施予定

県では、小水力や太陽光など新エネルギーの活用を推進中であり、今回の取り組みも、環境負荷の低減化の一環として位置付けられている。

3月20日には、新発電所の完成を記念し、「京セラTCLソーラー合同会社」主催により、竣工式が山倉ダム(市原市山倉)環境学習施設隣特設会場にて実施。当日は、千葉県知事、千葉県議会副議長、市原市長等が招かれており、事業者挨拶、事業者挨拶のほか、テープカットが行われる予定だ。

(画像は千葉県のホームページより)

▼外部リンク

千葉県 プレスリリース
http://www.pref.chiba.lg.jp/

出典:建設時事通信

関連記事

  1. 三田市の土地約6・6㌶を大和ハウスから取得/新工場を整備/東洋製罐グループホールディングス

  2. 2017年度日事連建築賞発表

  3. 国土交通省、11月は「建設業取引適正化推進月間」建設業の取引適正化を

  4. プレハブ建築協会、 「住生活向上推進プラン 2020」の2016年度実績を発表

  5. 1級管工事施工管理技術検定「実地試験」の合格者発表、女性の比率過去最大

  6. 売却先が決定/トリヴェール和泉の7・1㌶/UR

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ランキング