愛媛の誇り 「優良リサイクル製品(スゴeco製品)」カタログ2018を作成

閲覧数:83 view

愛媛の誇り 「優良リサイクル製品(スゴeco製品)」カタログ2018を作成

2018年04月06日 17時00分

資源循環優良モデル認定制度の取り組み

愛媛県は、4月5日、愛媛が誇るスゴeco~「優良リサイクル製品(スゴeco製品)」カタログ2018~を新たに作成したことを発表した。

県では、県内の企業等が製造しているリサイクル製品、あるいは廃棄物の3R(リデュース・リユース・リサイクル)や、循環型社会づくりの模範となるものを「愛媛県資源循環優良モデル認定制度(スゴeco)」として認定している。今回作成したカタログ2018では、平成29年度に認定された製品を新たに追加したという。

カタログの概要

カタログでは、担当者の「顔」が見える紙面構成とし、原料や製造工程を写真でわかりやすく紹介したほか、製品のこだわりも収録した。

県が認定した優良リサイクル製品は42製品。文房具、日用品、農業・漁業もあるなかで、建築・土木に関わる製品は約半数にのぼる。

例えば、トヨシマ瓦店では、廃瓦100%使用の景観材「Rテコラ」を開発。また、予州興業では、製紙工場の灰を原料とする土木資材「アッシュストーン」を製造し、資源循環優良モデルとして、県の認定を受けた。

環境負荷低減を推進

カタログは、優良リサイクル製品の魅力や特長の認知度向上と、その販路拡大を支援し、循環型社会ビジネスの振興を図るツール。

県では、多くの人々に「スゴeco製品」の良さを知ってもらい、ビジネスもしくは生活に取り入れてもらいたい考えだ。

(画像は愛媛県のホームページより)

▼外部リンク

愛媛県 プレスリリース
http://www.pref.ehime.jp/h15700/sugoecokatalog2018.html

出典[建設時事通信]

関連記事

  1. 国土交通省、「建設工事受注動態統計調査報告(大手50社調査 平成29年9月分)」公表

  2. 10月の建設出来高総計、前年比4.2%増

  3. 京都・嵐山のホテルは8月に着工/19年12月初旬の開業めざす/AMG

  4. 大阪・天満の本社ビルを売却/12月末に引き渡し/ラピーヌ

  5. 平和堂のスーパーとグンゼスポーツのフィットネスクラブが出店/JR岸辺駅前に建設中の複合商業施設/JR西日本ら

  6. 大阪・南森町の土地900平方㍍を取得/解体工事に着手/関電不動産開発

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ランキング