8月の建設受注額、前年同期比マイナス12.2%

閲覧数:9 view

8月の建設受注額、前年同期比マイナス12.2%

2017年10月02日 13時00分

日本建設業連合会、8月分の建設受注調査結果を公表

2017年8月分の建設受注調査結果が、9月27日に日本建設業連合会より公表された。調査対象となったのは同連合会会員の法人96社だ。

この調査結果によると、8月分の建設受注額は総計9550億円。このうち国内の受注額は9440億円、海外は110億円だった。

国内、海外ともに前年同期より減少

これを前年同期比でみると、総計受注額はマイナス12.2%。このうち国内の受注額はマイナス11.9%と2か月ぶりに減少。また海外もマイナス34.7%となり7か月ぶりの減少となった。

発注者別では民間製造業からの受注が伸びたものの母体の大きい非製造業が前年同期比マイナス7.4%となったため、民間全体からの受注は前年同期比マイナス1.6%となった。

また、官公庁からの受注では、国と地方の両方からの受注が減少し、官公庁全体からの受注は前年同期比マイナス28.8%となった。

関東の受注額、5470億円

国内受注額を地域ブロック別でみると、関東が最も多く5470億円、次いで近畿の1200億円、東北650億円、中部が620億円だった。

前年同期比では、北海道、関東、四国を除くブロックでマイナスとなった。最も減少幅が大きかったのは東北でマイナス57.0%、次いで中部がマイナス46.5%、九州がマイナス39%だった。

(画像は日本建設業連合会ホームページより)

▼外部リンク

2017年8月の建設受注調査結果
http://www.nikkenren.com/rss/pdf/1112/2017_0927.pdf

出典:建設時事通信

関連記事

  1. 西宮市の共同住宅1棟が閉鎖/隣接する1棟はすでに解体が完了/敷地面積は全体で1800平方㍍

  2. 住友林業ら設立の八戸バイオマス発電 営業運転開始

  3. 国交省、2月の主要建設資材需給・価格動向調査結果を発表

  4. 建設現場の生産性向上 国土交通省が3次元データ利活用の好事例を募集

  5. 神戸市垂水区の土地3000平方㍍を取得/3月中旬に/溝口建設

  6. 上半期の建築物リフォーム・リニューアル工事受注高、11.6%減

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ランキング