9月の建設機械出荷金額、11か月連続増加

閲覧数:18 view

9月の建設機械出荷金額、11か月連続増加

2017年11月02日 22時00分

日本建設機械工業会が公表

11月1日、一般社団法人日本建設機械工業会が9月の建設機械出荷金額統計を公表した。これによると9月の建設機械出荷金額は2,587億円で、前年同月比19.7%のプラスとなり11か月連続で増加した。

輸出は前年同月比41.3%増

出荷金額のうち国内向けは、1,119億円で前年同月比マイナス0.3%となり、10か月ぶりに減少に転じた。一方の輸出は1,469億円で前年比プラス41.3%と11か月連続で増加した。

建設機械を機種別にみると、国内向けでは5機種が前年同月より増加したが、その他5機種と補給部品が減少したため国内全体では0.3%の減少となった。

増加した機種の内訳は、油圧ショベルが302億円で1.2%増、ミニショベルが88億円で6.0%増、道路機械が50億円で38.0%増、コンクリート機械が30億円で6.0%増、トンネル機械が50億円で1472.3%増だった。

また輸出では、トラクタ、油圧ショベル、その他建設機械、補給部品がそれぞれ50%前後も増加した。中でも油圧ショベルの出荷金額は622億円で国内向けの約2倍、ミニショベルも159億円で前年比では微増だったが、国内の2倍弱となった。

(画像は一般社団法人日本建設機械工業会ホームページより)

▼外部リンク

9月の建設機械出荷金額統計
http://www.cema.or.jp/general/news/20171101.html

出典:建設時事通信

関連記事

  1. 弁天町駅近くにマンションを新築/敷地面積は860平方㍍/福原商店

  2. 国交省 官民対話「サウンディング」開催に向け、参加者を募集

  3. 経産省資源エネルギー庁「まちエネ大学」全国5地域で11月に開催

  4. 京都市の土地450平方㍍を取得/ホテルを整備/ビーロット

  5. 製造業向けに賃貸・分譲/ちきりアイランド第2期製造業用地/大阪府

  6. 西宮市の敷地3・3㌶を開発/マンションなど整備、住戸数は430戸/大和地所ら

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ランキング