NEDOとJPEAなど、太陽光発電システムの水没実験を実施

閲覧数:39 view

NEDOとJPEAなど、太陽光発電システムの水没実験を実施

2017年12月05日 12時00分

水害時の太陽光発電システムの点検・撤去について指針を策定

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と太陽光発電協会(JPEA)、奥地建産は、11月28日から12月1日の4日間、山梨県北杜市において、水害時における太陽光発電システムの感電リスク等を把握するため、太陽光発電システムの水没実験を行ったと発表した。

太陽光発電システムのさらなる安全性確保のための実証の一環として実施されたもので、太陽光発電システムの水害時における点検・撤去の安全性の確保、点検用の装備や対策の指針の策定を目指す。

太陽光発電設備を池に水没させ水中への漏電状況を測定

台風や大雨被害といった自然災害により、太陽光発電システムが水没する事象が発生しているが、JPEAでは、太陽電池パネル、集電箱およびパワーコンディショナが、水没・浸水している時に接近又は接触すると感電する恐れがあり、近づいたり触れたりしないよう、対処等について注意喚起を行っている。

今回の実験では、太陽光発電設備を実際に外部の環境から閉鎖された池に水没させ、発電設備から水中への漏電状況を測定することによる水中での感電リスクの把握、および水没後の状態の測定といった定量的な調査を行った。

実験から得られた知見をもとに、2017年度末までに、太陽光発電システムの水害時における点検・撤去の安全性の確保、点検用の装備や対策の指針の策定を目指すとともに、引き続き、感電防止のための啓発活動を行っていくとしている。

(画像はNEDO公式サイトより)

▼外部リンク

NEDOなど プレスリリース
http://www.nedo.go.jp/news/press/AA5_100881.html

出典:建設時事通信

関連記事

  1. 札幌市で「みて・つくって・体験して!建設産業ふれあい展」1月開催

  2. 大阪市中央区に29階建ての分譲マンション/19年3月上旬に着工/関電不動産開発と三井不動産レジ

  3. 大阪の魅力ある建築を一斉公開!「イケフェス大阪2017」開催

  4. 15日から浜寺公園駅旧駅舎の活用を開始/ギャラリー、カフェ・ライブラリーなどに/堺市や南海電気鉄道ら

  5. NEDO インド・ハリヤナ州においてスマートグリッド実証事業を開始

  6. サウジアラビアにおいて省エネルギー型の海水淡水化技術の実証事業を実施 NEDO

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ランキング