ドバイ未来財団、宇宙移住目標としたプロジェクト提案を募集

閲覧数:72 view

ドバイ未来財団、宇宙移住目標としたプロジェクト提案を募集

2018年02月18日 07時00分

持続的な居住や新たなビジネスモデルなど

Dubai Future Foundation(ドバイ未来財団)は2月10日、宇宙移住の実現に向け、大規模なプロジェクトを支援するシード助成基金「Mohammed Bin Rashid Space Settlement Challenge(ムハンマド・ビン・ラシド宇宙移住チャレンジ)」を立ち上げた。2月10日から1カ月間にわたり、さまざまな分野からのプロジェクト提案を募っている。

アラブ首長国連邦(UAE)はこの宇宙移住チャレンジに対して、200億UAEディルハム(約50万ユーロ)のシード助成金を発表。これは宇宙における居住や労働に向けた斬新なアイデアを探求し、新しいビジネスモデルを開発する提案に対する資金援助に投入される。

経歴・出身不問、さまざまな分野からの提案を募集

募集する宇宙移住チャレンジは、三つのカテゴリーから構成される。まず一つ目は「Space Settlement(宇宙移住)」。少なくとも100人が持続的に居住することのできるロケーション計画の開発を目的としている。具体的には、建築作業の自動化、電力や食料、水の供給、冷暖房施設などが課題となる。

第2のカテゴリーは「Terraforming & Space Ecology(地球化と宇宙エコロジー)」では、長期的な視野で居住可能な環境を創出すること、月や火星をはじめとした他の惑星の地球化に向けた戦略の策定を目指す。

3番目は「Economic, Business Model & Governance(経済、ビジネスモデルおよびガバナンス)」では、適正な経済や資源の最適な活用を目指すビジネスプランの開発を目標とする。

同チャレンジは、学問や経歴、出身に関わりなく、世界中から優秀な人材を集めることを目的としている。

(画像はDubai Future FoundationのHPより)

▼外部リンク

Dubai Future Foundation(ドバイ未来財団)のプレスリリース(共同通信PRワイヤー)
https://prw.kyodonews.jp/opn/release/201802120851/

出典:建設時事通信

関連記事

  1. 大阪堺 こども建設王国(in 出雲大社 大阪分祠)本日開催!

  2. 大学の新校舎棟を建設/新築工事は6月中旬に着工/大阪成蹊学園

  3. 神戸市垂水区の土地3000平方㍍を取得/3月中旬に/溝口建設

  4. 3件の応募/元植柳小学校跡地の事業者公募/京都市

  5. 豊橋市、新アリーナの建設・運営に関する事業提案を民間事業者から募集

  6. 千葉駅西口再開発事業、新日本建設の共同企業体に決定

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ランキング