JOGMEC「平成29年度 地熱資源開発研修」12月開催

閲覧数:12 view

JOGMEC「平成29年度 地熱資源開発研修」12月開催

2017年10月15日 16時00分

地熱資源開発に携わる人材の育成

独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)は2017年12月4日から22日、「平成29年度地熱資源開発研修」を開催する。

国内において、再生可能エネルギーに対する関心が高まってきている一方で、地熱分野を扱う大学等の教育機関や、中長期間の研修棟が減少している。この状況を受けてJOGMECは、今後の地熱開発を担う若手技術者の育成を目的とした研修を開催する

技術の継承と若手技術者のネットワーク形成

これは、地熱開発で必要となる知識の取得や、熟練技術者から若手技術者への技術の継承、さらに若手技術者のネットワーク形成等を目的としたもの。

研修では、地質、地化学、物理探査、検層、掘削、貯留層工学、温泉科学、環境影響、地上設備、発電設備、経済性評価等、地熱開発に関する各分野について座学で学ぶほか、地熱開発現場を実際に見学する。

定員30名程度、応募締め切りは10月31日(火)

開催は2017年12月4日(月)から22日(金)、会場は秋田県鹿角郡にある国際資源大学校。研修対象者は入社後数年から10年程度で、地熱資源開発関連業務に従事している、または従事する予定の者。

受講料は無料だが、滞在費や会場までの交通費、現場視察の交通費などは自己負担となる。また受講には、表計算ソフトExcelの使用できるPCや、現場を見学する際の作業服、防寒具などが必要となる。定員30名程度であり、希望者が多数の場合には申込書の記載内容により調整するとのこと。応募締切は10月31日(火)。

(画像はJOGMECのHPより)

▼外部リンク

独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)のHP
http://www.jogmec.go.jp/

出典:建設時事通信

関連記事

  1. 国土交通省、2級土木施工管理技術検定・第2回学科試験の合格者決定

  2. 住友林業ら設立の八戸バイオマス発電 営業運転開始

  3. 金剛東ニュータウンの敷地6200平方㍍を売却/進出条件提案方式で/UR

  4. 汚泥再生処理施設整備の基本計画で公募型プロポ/参加表明書を23日まで受付/有田周辺広域圏事務組合

  5. サウジアラビアにおいて省エネルギー型の海水淡水化技術の実証事業を実施 NEDO

  6. 西宮市の敷地3・3㌶を開発/マンションなど整備、住戸数は430戸/大和地所ら

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ランキング