国交省、2月の主要建設資材需給・価格動向調査結果を発表

閲覧数:41 view

国交省、2月の主要建設資材需給・価格動向調査結果を発表

2018年03月01日 14時00分

異形棒鋼・H形鋼・軽油の価格やや上昇

国土交通省は今年2月1日~5日に行った主要建設資材需給・価格動向調査の結果を2月26日に発表した。これによると建築資材の価格動向は、異形棒鋼・H形鋼・石油(軽油)がやや上昇し、その他の資材は横ばいとなった。

国土交通省では建設事業の円滑な推進を図り、主要建材7資材13品目についての需給、価格、在庫の変動状況を、毎月全国10地域で調査している。調査対象業者は、建設資材の供給側と需要側から選定した約2,000社のモニター。

異形棒鋼とH形鋼の価格 昨年11月から上昇傾向

価格動向の調査結果によると、全国及び被災3県では異形棒鋼、H形鋼、石油(軽油)の3品目が先月よりやや上昇し、異形棒鋼とH形鋼は昨年11月から上昇傾向が続いている。

需給動向は、全国ではすべての資材が均衡、在庫状況はすべての資材が普通となった。被災3県(岩手県、宮城県、福島県)ではアスファルト合材が、やや緩和し、その他の資材は均衡となっている。

被災3県の骨材 やや品不足

在庫状況は、全国ではすべての資材が普通。被災3県では骨材がやや品不足、その他の資材は普通となった。

(画像は国土交通省ホームページより)

▼外部リンク

国土交通省プレスリリース
http://www.mlit.go.jp/

出典:建設時事通信

関連記事

  1. 建設企業・建設労働者の社会保険加入状況調査結果を公表 国土交通省

  2. 【参加無料】国交省「小さな拠点」からはじまる持続可能な地域構造フォーラム

  3. 国土交通省、平成30年1月分の主要建設資材月別需要予測を発表

  4. 大阪・天満の本社ビルを売却/12月末に引き渡し/ラピーヌ

  5. 公共工事における全国全職種の単純平均労務単価、前年より2.8%アップ

  6. 新築よりも安い!リノベーション物件でお部屋探し

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ランキング